Hi Peace【ハイ ピース】│ セルフ撮影OKなフォトスタジオ

鹿児島ハイピーススタジオハイピースセルフ撮影スタジオプロカメラマン鹿児島 鹿児島ハイピーススタジオハイピースセルフ撮影スタジオプロカメラマン鹿児島 鹿児島ハイピーススタジオハイピースセルフ撮影スタジオプロカメラマン鹿児島

鹿児島ハイピーススタジオハイピースセルフ撮影スタジオプロカメラマン鹿児島

【写真講座】F値を制する者が世界観を制す【F値・絞りによる違い】

今回は写真中級者以上のお話しになります💡

まず、そもそもカメラのF値(絞り)って何?
というお話は
話題のChat GPTに聞いてみました 笑

F値とは

F値とは、カメラのレンズの開口数を表す数値であり、被写体の明るさや背景のぼかし具合を調整するために使われます。

F値を変更するメリットは以下の通りです。

  1. 被写界深度を変更できる:F値が小さい(大きな開口数)ほど被写界深度が浅くなり、背景がぼける写真が撮影できます。一方、F値が大きい(小さな開口数)ほど被写界深度が深くなり、背景がはっきりと映る写真が撮影できます。

  2. 明るさを調整できる:F値が小さい(大きな開口数)ほどレンズから入る光量が多くなり、明るい写真が撮影できます。一方、F値が大きい(小さな開口数)ほどレンズから入る光量が少なくなり、暗い写真になります。

  3. 絞りの使い方によって、美しいボケを表現できる:F値を小さくすると背景がぼけるため、被写体が浮き立って見えます。特に、人物や花など、背景に比べて明確に主役にしたい被写体がある場合に、F値を小さくすることで美しいボケを表現できます。

  4. ISO感度やシャッタースピードと併用することで、より良い露出を得られる:F値とともに、ISO感度やシャッタースピードを併用して使用することで、より明るく、正確な露出を得ることができます。

以上のように、F値の変更は、被写体や状況に応じてカメラの設定を適切に調整するために非常に重要な役割を果たします。

要は、
「F値が小さくなるとボケて明るくなり、F値が大きくなるとボケなくなり暗くなりますよ」
ということです!

 

F値を制する者が世界観を制す

カメラ初心者の時に、よく陥るのが
F値を一番下げて撮り続けることです。
たしかに、ボケておしゃれに見える写真は
印象的で惹かれる写真になります。

ですが、F値でどう変わるかをちゃんと理解しないと
家族全員を撮る写真で顔がボケてしまったり
走り回る子供にピントが合わなかったり
ボケ過ぎて、どんな場所なのか伝わらない写真に
なってしまう可能性もあるんです!

ですので、以下に
シーン・状況別のおすすめのF値をご紹介します💡

状況別おすすめF値

①F2.0以下⇒動きが少ない1人の人を撮る時or瞳AFが使えるカメラ
 寝ている子供、大人など動きがすくない被写体で
 ピントが合っている箇所がほとんどなくても問題なく
 その被写体の表情や一部分だけを意識させたい写真

②F2.8⇒カップルフォト・動き回る子供や動物
 大人2人や動きが速い被写体に対して、おしゃれな雰囲気を出しつつ
 周りがボケすぎない写真と撮りたい時におすすめです♪

③F5.6⇒5人家族や近い被写体
 ご家族で撮る時に2列以内で記念写真を撮る時
 また、被写体が近くにあればあるほど
 背景がボケる特性があるので
 近い被写体を撮りつつ、背景もある程度見せたい場合
 F5.6以上にすることをおすすめします♪
 またカメラを買った時に付いてくるキットレンズで
 背景をボカしておしゃれに撮りたい時
 被写体を近づけて、背景を遠ざける
 いい感じのお写真になりますよ💡

④F8.0⇒3列以上の集合写真や風景写真
 人が多くて3列以上になる集合写真
 あまりぼかしたくない風景写真
 30cmぐらいの距離にある被写体を撮りつつ
 背景も写したい時におすすめのF値です♪

⑤F11以上⇒ぼかしたくない写真
 かなりの大人数を撮る時や
 くっきりとして風景写真を撮る時に
 設定する場面が多いです!



あと大切なポイントなのですが、
ピントの位置によってボケ方は異なります!
ピントの位置が近ければ近いほど背景はボケて
ピントの位置が遠ければ、ボケ感を感じにくくなります💡

 

※F値を大きくすると、センサー汚れが目立ってきます!!
 お店やセンサークリーニングキットで
 こまめにセンサークリーニングをしましょう!

今回は写真中級者以上のお話しになります💡

まず、そもそもカメラのF値(絞り)って何?
というお話は
話題のChat GPTに聞いてみました 笑

F値とは

F値とは、カメラのレンズの開口数を表す数値であり、被写体の明るさや背景のぼかし具合を調整するために使われます。

F値を変更するメリットは以下の通りです。

  1. 被写界深度を変更できる:F値が小さい(大きな開口数)ほど被写界深度が浅くなり、背景がぼける写真が撮影できます。一方、F値が大きい(小さな開口数)ほど被写界深度が深くなり、背景がはっきりと映る写真が撮影できます。

  2. 明るさを調整できる:F値が小さい(大きな開口数)ほどレンズから入る光量が多くなり、明るい写真が撮影できます。一方、F値が大きい(小さな開口数)ほどレンズから入る光量が少なくなり、暗い写真になります。

  3. 絞りの使い方によって、美しいボケを表現できる:F値を小さくすると背景がぼけるため、被写体が浮き立って見えます。特に、人物や花など、背景に比べて明確に主役にしたい被写体がある場合に、F値を小さくすることで美しいボケを表現できます。

  4. ISO感度やシャッタースピードと併用することで、より良い露出を得られる:F値とともに、ISO感度やシャッタースピードを併用して使用することで、より明るく、正確な露出を得ることができます。

以上のように、F値の変更は、被写体や状況に応じてカメラの設定を適切に調整するために非常に重要な役割を果たします。

要は、
「F値が小さくなるとボケて明るくなり、F値が大きくなるとボケなくなり暗くなりますよ」
ということです!

F値を制する者が世界観を制す

カメラ初心者の時に、よく陥るのが
F値を一番下げて撮り続けることです。
たしかに、ボケておしゃれに見える写真は
印象的で惹かれる写真になります。

ですが、F値でどう変わるかをちゃんと理解しないと
家族全員を撮る写真で顔がボケてしまったり
走り回る子供にピントが合わなかったり
ボケ過ぎて、どんな場所なのか伝わらない写真に
なってしまう可能性もあるんです!

ですので、以下に
シーン・状況別におすすめのF値をご紹介します💡

状況別おすすめF値

①F2.0以下⇒動きが少ない1人の人を撮る時or瞳AFが使えるカメラ
 寝ている子供、大人など動きがすくない被写体で
 ピントが合っている箇所がほとんどなくても問題なく
 その被写体の表情や一部分だけを意識させたい写真

②F2.8⇒カップルフォト・動き回る子供や動物
 大人2人や動きが速い被写体に対して、おしゃれな雰囲気を出しつつ
 周りがボケすぎない写真と撮りたい時におすすめです♪

③F5.6⇒5人家族や近い被写体
 ご家族で撮る時に2列以内で記念写真を撮る時
 また、被写体が近くにあればあるほど
 背景がボケる特性があるので
 近い被写体を撮りつつ、背景もある程度見せたい場合
 F5.6以上にすることをおすすめします♪
 またカメラを買った時に付いてくるキットレンズで
 背景をボカしておしゃれに撮りたい時
 被写体を近づけて、背景を遠ざける
 いい感じのお写真になりますよ💡

④F8.0⇒3列以上の集合写真や風景写真
 人が多くて3列以上になる集合写真
 あまりぼかしたくない風景写真
 30cmぐらいの距離にある被写体を撮りつつ
 背景も写したい時におすすめのF値です♪

⑤F11以上⇒ぼかしたくない写真
 かなりの大人数を撮る時や
 くっきりとして風景写真を撮る時に
 設定する場面が多いです!

あと大切なポイントなのですが、
ピントの位置によってボケ方は異なります!
ピントの位置が近ければ近いほど背景はボケて
ピントの位置が遠ければ、ボケ感を感じにくくなります💡

※F値を大きくすると、センサー汚れが目立ってきます!!
 お店やセンサークリーニングキットで
 こまめにセンサークリーニングをしましょう!

F値による違い(ピント位置約3m)

ピント位置による違い

鹿児島ハイピーススタジオハイピース前撮りセルフ撮影スタジオプロカメラマン鹿児島鹿児島市写真館

鹿児島ハイピーススタジオハイピース前撮りセルフ撮影スタジオプロカメラマン鹿児島鹿児島市写真館

上部へスクロール